ダイエット PR

【ダイエット記録】100日後に腹筋バキバキにするエンジニア 〜18日目〜

18日目
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

100日後に腹筋バキバキ(体重75kg以下)を目指すダイエット生活18日目!

今日は木曜日!折り返し地点を過ぎて、あと2日頑張ればお休みが来ると思うと少しずつテンションが上がってくる曜日ですね!
天気はなんとか雨は降っていませんが、いつ降ってもおかしくなさそうな曇り空でした。

人によっては木曜日が一番疲労が溜まっていて、しんどさを感じる方もいるかもしれません。
しんどいと、どうしても自分にご褒美をあげたくなってしまいます。ダイエットを頑張っている方ならなおさら、甘いものやカップラーメンなどが食べたくなるタイミングではないでしょうか?
週の終盤美味しいものを食べて乗り切りたいという気持ちは痛いほど良くわかります。

ただ、あと2日頑張ればお休みです。どうしてもしんどい時は和菓子やゼリーなどの甘味で欲を満たしつつ、今週も最後まで走り切りましょう!

本日の体重記録

本日の体重は85.2kgでした。
月曜日に84.2kgを記録してから、徐々に体重が戻り始めついに85kg台まで戻ってしまいました。

今週も運動量や食事の量・カロリーなどは変えていないのでもしかしたら二週間で4kg程度体重が減ったことで体が省エネモードになったのかもしれません。
ひとまずこのまま今日明日頑張ってみて、それでも体重が減らない・もしくは増えるようなら土曜日に1回目のチートデイを試してみようかと思います。
毎日の頑張りやしんどさは変わっていないのに、体重が減らなくなるとモチベーションが急激に下がってしまい、そのまま「もういいや」とダイエットをやめるきっかけになってしまいます。

そのような事態を防ぐためにも、頑張っている自分へのご褒美と省エネモード解除のためにもチートデイは非常に効果的です。
ダイエット中に高カロリーなものをたくさん食べると、今まで減らしてきた体重が一気に元に戻るんじゃないかととても心配ですが、まだダイエットは始まったばかりなのでいろんなことに挑戦していきたいと思います!

本日の食事記録

朝食

  • 雑穀米
  • 味噌汁
  • プロテイン

昼食

  • 鶏ひき肉の焼き肉のタレ炒め
  • 雑穀米

夕食

  • 麻婆丼

今日の夜ご飯はダイエットを始めてからは、初めて作った麻婆丼でした!
中華料理屋さんなどで出てくる麻婆豆腐は油がたくさん使われているので、とてもダイエット中に食べられるものではありません。
しかし家で作るのであれば、お肉には鳥ひき肉を使って、炒める際に油を使わなければかなりヘルシーに作ることができます。

外では食べられない料理も自炊して自分流にアレンジすれば食べられると言うのが、自炊のいいところですね!

夜食

  • プロテイン

本日のトレーニング記録

大胸筋のトレーニング

  • ダンベルインクラインチェストプレス: 40kg × 10rep × 3set
  • ダンベルインクラインチェストフライ:20kg × 10rep × 3set

上腕三頭筋のトレーニング

  • ケーブルトライセプスエクステンション: 26kg × 10rep × 3set
  • ケーブルプレスダウン:16kg × 10rep × 3set

三角筋前部のトレーニング

  • ダンベルアーノルドプレス: 20kg × 10rep × 3set
  • プレートフロントレイズ:20kg × 10rep × 3set

本日の体型記録


体型の方は少しずつ変化している気がするのですが、やはり体重が減っていないと言うことは体脂肪量も落ちてないのでしょうね、、、( ; ; )
さすがに3日間体重が落ちないと心が折れそうになりますが、お腹周りの肉がついてしまっているような感じでもないので、しばらくは辛抱の時期だと思って耐え忍びたいと思います。

おまけ(本日の雑談)

今週は体重停滞の沼にはまってしまい、正直結構しんどいです。
2週続けて-2kgペースできていたので、今週はペースが落ちることは予想していましたが、まさか1kgも減らないどころか徐々に増えるとは思いませんでした。
これまでが順調だったからこそ、急に停滞しだすと努力が無駄なんじゃないかと言う不安に襲われて一気にやる気が無くなっちゃいますね。
噂には聞いていたのですが、まさか停滞期がこれほど恐ろしいものだとは、、、
むしろ序盤が順調すぎた分反動で停滞の辛さも増しているような気すらします。
ダイエットは一気に落とすのではなく、少しずつ落としていった方がいいという理由はここら辺にもあるのかもしれませんね。

とはいえダイエット生活はまだまだ始まったばかり。
成果の出ない中での食事制限と筋トレは辛いですが、いつかこの停滞から抜けた時理想の体が待っていることを信じて、明日からも頑張っていきたいと思います!